前回のコラム、高品質で可愛い文房具のお店「PAPYRUS」で、サンクスギビングというアメリカの祝祭日について少しふれましたが、今回詳しくご紹介したいと思います。

サンクスギビング(感謝祭)とは、アメリカ合衆国とカナダの祝日で、アメリカでは11月の第4木曜日、カナダでは10月の第2月曜日と決まっています。

現在、サンクスギビングの起源として一般的に知られているのは以下のお話。
1620年に、イギリスからメイフラワー号に乗った清教徒(ピルグリム)が、数カ月に渡る航海を経てアメリカ大陸(今のマサチューセッツ州プリムス)に渡ってきた初めての年の冬は乗り越えるのが厳しく、多くの方が亡くなったそうです。食べるものに困ったピルグリム達に食糧を分け与えたり、農作物の作り方を教えるなど助けたのは先住民であるネイティブ・アメリカンだったそう。そして翌年に、お世話になったネイティブ・アメリカン達を招いて、七面鳥や初めて収穫した作物を食べてお祝いした、というものです。

現在では宗教的な意味合いは薄れており、家族や友人達が集まる祝日となっています。普段離れて住んでいる家族が他州から帰ってきたりするので、日本のお正月のような感じでしょうか。
サンクスギビングのメイン料理と言えば七面鳥の丸焼きなので、「七面鳥の日(Turkey Day)」と呼ばれることもあります。その他にも伝統的な料理が並ぶことが多く、七面鳥の中にパンや野菜などの詰め物を入れるスタッフィングや、クランベリーソース(ソースと言っても固形で固めのゼリーのよう)、マッシュポテトにグレービーソース、ビーンズなど。デザートはパンプキン・パイというのが定番。私も毎年楽しみにしているサンクスギビングのディナーです。

また、ニューヨークでは、毎年、アッパーウェストサイドのセントラルパークの横で、開催されるメイシーズというデパートによるアニメバルーンのパレードが恒例となっていて有名です。

そして、アメリカでは、サンクスギビングの翌日の金曜日は「Black Friday」と呼ばれ、大規模なセールが始まります。クリスマスまで約1カ月ということもあり、クリスマスセールの前哨戦として、かなり盛り上がりを見せます。
夜中や早朝からお店が開き、長蛇の列ができるなど混み合います。
もちろんオンラインショップもセールをするので、お店に出向かず自宅で買い物をする人も
多いようです。

商業的な意味合いも強いとは言え、感謝をし、それを伝える日は大事にしたいものです。
慌ただしく過ぎていく日々の中でも、当たり前の日常や些細な喜びに感謝の気持ちを忘れず、こんな秋らしいカードにメッセージを書いて、最近ご無沙汰している方に送ってみてはいかがですか?