紙と紙を貼り合わせる時、または紙と何かを貼り合わせるとき、
何を使いますか?

セロハンテープ?
両面テープ?
糊?

ペーパークラフトに使われる接着剤はadhesiveと呼ばれ、
いくつも種類があるんです。一部を紹介しますね。

①クラフト用両面テープ
まずは前回も紹介したDouble Sided TapeやTape Runnerと呼ばれる両面テープ。
これらのテープにはパッケージにAcid-Free(アシッドフリー)と
書いてあることが多いです。
アシッドフリーとは、紙や写真などを劣化させる「酸」を含まないと
いう意味です。 ペーパークラフトの作品を作る時、アシッドフリーのものを
使用することで紙の黄ばみを防いだり良い状態で長期保存ができるので、
確認して買うようにしています。

②3Dフォーム
少し厚みがあるので、立体的に見せるのに使うのがこちら。
両面くっつくので、片面の紙を外し、接着面に飾りなどをつけ、
反対側も紙を外し貼りつけます。
立体的になることで、仕上がりが手が込んだように見えます。

③グルードッツ
透明の丸い接着剤で、リボンや布を貼る時に使います。
両面くっつくようになっているので、片面にリボンなどをくっつけて
グルードッツを外し、つけたいところに貼ります。

④グルーペン
ペンのように先が細いので、細かいところに何かをつけるのに便利。
小さいパーツを貼るだけでなく、例えば、花のスタンプを押し、
花の中心をグルーペンで塗ります。下の写真の1枚目、上の花の
真ん中が水色になっているのが糊を塗ったところです。その後、
キラキラしたラメを振りかけると、2枚目の写真のように、
糊がついているところだけラメがくっつきます。

⑤グルーガン
手芸や工作、造花のアレンジメントを作る時などにも使われる
ユニークな接着剤。グルーガンの後方からグルースティックを差し込むと、
溶けた樹脂が先端から出てきて、冷めて固まることでくっつきます。
先端が熱くなるのでやけどに注意しましょう。
ペーパークラフトでも、布でできた飾りや金属のパーツなどを貼る時に
使います。

最初は接着剤にこんなに種類があるとは知りませんでしたが、
カードメイキングのクラスなどで使い方を教わり、
何度も使ううちに、こういう時はこれを使えばいいと
分かるようになってきました。
ペーパークラフトを通じて、今まで知らなかった道具と
出会うのも楽しみの1つです。