オレゴン州ポートランド市の隣りにあるビーバートン市には、
地元のペーパークラフター達に愛されているクラフトショップがあります。

私がまだ日本とアメリカを行き来していた6年前に、
当時住んでいた場所から歩いて行ける距離にカードメイキングのクラスが受けられるクラフトショップがないかと探していて、偶然見つけました。

何時間もいられそう!というぐらい商品も充実しているし、
オーナーご夫妻を始めスタッフさん達もフレンドリーで親切。
定期的にカードメイキングクラスが開かれているので、
通うようになりました。

カードを作るのが主ですが、今回、紙のファイルで作るクリスマスブックのクラスが開催されるというので久しぶりに参加してきました。
2時間(で終わりませんでしたが)で、$20のクラスです。

クラフト用両面テープやハサミなどは持参しますが、
必要なものはお店が全部用意してくれています。

プリントなどをはさむ紙のファイルがどんな風になるのでしょう!?

image1

①ファイルを開いて4等分に折り、下は7.5センチのところで折り返して折り目をつけます。

image2

②折り目を赤く塗ります。
色は何色でもいいのですが、クリスマスブックなので赤と緑の絵の具が用意されていました。
絵の具とは言っても先にスポンジがついている小さな容器に入っていて、そのまま塗ることができます。
上に紙を貼ってほとんど隠れるので、適当で大丈夫とのことでした。

image3

③折り目の大きさに切られた、いろんなデザインのペーパーを選び、ファイルに貼っていきます。こちらは表紙と裏表紙。

image4

こちらは中。
下は折り返してポケットになるので、ペーパーは下まで貼っていません。

image5

④折り返す部分に強力な両面テープを貼ります。
赤いテープですが、はがすと透明になるんですよ。

image6

⑤ポケットの表になる方にペーパーを貼って、折り返し、
先ほどの両面テープをはがして貼ります。

image8

⑥真ん中を山折りにして、ボンドなどで貼り合わせます。

image8

⑦飾りを貼り、デコレーションします。
これが、楽しいのですが結構時間がかかるのです。
飾りもリボンもたくさん用意されていたので、迷います。

image9

⑧ポケットに入れるタグも作ります。
スタンプを押したり、飾りを貼ったり。
誰かにプレゼントするのであれば、ここにメッセージを書いてもいいですね。

image10

出来上がり!表紙はこんな感じです。

image11

中はこんな感じになりました。

image12
image13

写真を貼ってミニアルバムにしてもいいと思いますし、
ポケットにはタグだけではなく薄い物なら入るので、
チョコレートやティーバッグなどを入れてもいいですね。
もちろんペーパーや飾りを変えればクリスマスがテーマじゃなくても作れるので、アレンジが楽しめるクラフトだと思います。
ファイルを使うところがおもしろいなと思い、紹介しました。