来年の手帳はもう買いましたか?

デジタル化が進んで、予定は携帯電話やコンピューターで
管理しているという話も聞きますが、私は手書きが好きで、
日本の手帳を使っています。

私のこだわりは、持ち歩くので薄く、大きさはB6サイズくらい。
見開きで1カ月の予定が見渡せる。
週間ページは使わないのでなくてよい。
毎年同じようなタイプで、デザインが違うものを選んでいます。

主にスケジュール管理に使っているので、プライベートの予定、
仕事関係、ボランティア活動と習いごと、子ども達の予定を
パッと見て分かるように4色ボールペンで色分けして書き込んでいます。

手帳派の人は、日々のスケジュール管理だけでなく、夢や目標を書いたり、
日記代わりにする人もいるようですね。

手帳術や手帳の使い方セミナーなどという言葉も目にしますので、
関心を持っている人も多いのではないでしょうか。

今回は、アメリカでチェーン展開している大型クラフトショップで
見つけた手帳を紹介します。

まず、カラフルなカバーに目を引かれました!

写真1

テーマに分かれたリフィルがたくさん並んでいて、
自分で好きなリフィルを組み合わせられます。

このテーマがなかなかユニーク!

Calender(カレンダー)、 To Do(すること)、Journal(日記)など手帳らしいものや、Budget (家計簿)Menu Planning(献立計画)、Wedding Planner(結婚式の計画)、Important(重要)など想像がつきやすいものもありますが、Love This Moment(好きな瞬間)、Spiritual(スピリチュアル)、 Sketch(スケッチ)、Fitness (フィットネス)、Always Be Extraordinary(いつも非凡な発想を持とう)、Make Cool Stuff(かっこいいものを作る)、 Academic(アカデミック)、 I’m Too Busy(私はとても忙しい)など、あまりなじみがないものあれば、遊び心が感じられるものもあります。

写真2

では、中身を見てみましょう。例えばTo Do。

用事、家事、メール、電話、買うもの、約束、仕事、その他というページや、今月の目標、私の〇〇リストなどを書くページがあります。

使いやすそうだし、項目が細かく分かれて充実してますね。

写真3

%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0%ef%bc%97%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a3

Make Cool Stuffはただの黒いページのみ。
自分で好きに使ってくださいということなのでしょう。
白や金、銀のペンで書くと、かっこよく仕上がりそうですね。

写真5

よくあるタイプの手帳を買ったとしても、ワクワクするような
テーマを自分で決め、それについて書くページを作ってみると、
楽しいかもしれません。

お気に入りの手帳が見つかるといいですね。